職場恋愛

同僚がいつの間にか恋愛の対象になっていた

職場恋愛に発展するきっかけは色々あるようです。今回ご紹介するお話は、何をきっかけに職場恋愛に繋がったのか、その体験談です。もしかしたら、すでに女性に興味を持たれている男性もいるのではないでしょうか。仕事とプライベートの区別は必要ですが、職場恋愛を体験してみたいならぜひ、これから紹介するきっかけを参考にしてみてはいかがでしょうか。

飲み会でじっくり話せることができたとき

仕事中ではなかなか深い話ができませんから、ゆっくり飲む時間ができると、これまで知らなかったこと、気付かなかったところに胸キュンすることもあるのだとか。一気に二人の距離が近くなったようで嬉しくなるという声も聞こえてきますよ。

ミスに対してさりげなくフォローしてくれる

さりげない、というのがカギです。もしかして私にだけ特別なのかな、と胸キュンする女性も多いのだとか。ミスによって残業しなければなくなったとき、一緒に手伝ってくれる上司の行動に特別感を感じることもあるようです。

恋愛話に花が咲いたとき

普段は仕事の話しかしないのに、一歩職場を離れると仕事とはまったく違う一面が見えたときにドキドキするといいます。特に恋愛話に花が咲いたとき、この人も一人の男性なんだなと意識することもあるようです。異性としてアピールするには恋愛話もオススメです。

一緒に出張へでかけたとき

出張やペアでの営業など一緒に社外で過ごす時間が多い場合、相手を急に意識するようになった、ということもあるようです。だからといって、強引に女性を口説いたりすれば、逆に女性の熱は一気に冷めてしまう可能性もあるので、仕事は仕事と割り切る必要があります。

普段の私服姿がステキだったとき

普段は仕事をする姿しか見ていないため、どんな私服で過ごしているのか想像もできません。ラフな私服姿を見れば、男性の素に触れたようでドキドキするという女性もいるようです。雑誌のモデルのような洋服を意識する必要はなく、あくまでも自然体で、もちろん清潔感も忘れずに。

メイクや髪型の変化にいち早く気付いてくれたとき

これまでと違うメイクや髪型に誰よりも早く気が付いたら、女性なら誰でも喜びます。男性はなかなか気付いてくれない人が多い中で、いち早く自分の変化に気付いてもらえれば、「もしかして私は特別なのかもしれない」と心ときめくようです。メイクや髪型の変化に気付くだけでなく「ステキになったね」「可愛くなったよ」と一言添えると女性の喜びもひとしおです。

公私混同にならず切り替えが上手

仕事中は優しくも厳しく、仕事は仕事と割り切っている姿に惚れ惚れする女性は少なくありません。その分プライベートはゆったりと余裕のある時間を過ごしている様子を見ると、公私混同せず素敵な恋愛ができそうと思うみたいですね。

さりげない気配りができる

仕事の小休憩など、おいしそうなおやつを差し入れしてくれるようなさりげない優しさに触れたとき、特別扱いしてもらっているのかもと嬉しくなるようです。女性は甘いものに目がありませんからね。

これまでは同じ職場で働く同僚だったはずなのに、ちょっとしたことがきっかけで男性として意識するようになったことがある、と答える女性は案外多いようです。職場恋愛に夢中になる女性が多いのも頷けます。