職場恋愛

人目を盗んでどうやって愛情表現したらいいか

職場恋愛は、どんな風に職場で過ごすかが醍醐味です。周囲に知られないように恋愛を楽しむスリル感、ドキドキ感はなかなか味わうことができません。実際に職場恋愛を体験したことがある女性たちに、彼にどんなことをされて嬉しかったかという話を聞いてみました。

渡す資料に小さなメモをつける

彼に仕事上の資料を渡すとき、ついでにプライベートな内容を文字で伝えようとすると、万が一誰かに見られたとき言い訳ができなくなります。そんなときはイラストなど二人にしか分からないマークなどを書くといいようです。二人でヒミツを共有しているドキドキ感を味わえます。

気付かれないようにアイコンタクト

彼と視線があっただけなのにドキドキすると話す女性は少なくありません。言葉を交わしたわけではないのに、彼の気持ちが伝わってくるようで胸キュンするんですね。声をかけてしまうと特別な関係であることが周囲にバレてしまうので、視線を合わせるだけで我慢したほうがよさそうです。

間違い電話のフリをして内線電話をかけてみる

これはあくまでも忙しくない時間帯に限ります。忙しいときにこれをやられてしまうと、逆に関係が悪化してしまう可能性が。わざとイタズラしてるのね、と女性は呆れながらも嬉しくなるみたいですよ。毎日何度もかけたのでは嫌われてしまうので、ほどほどが大切です。

飲み会などで隣に座る

二人の関係が周囲にバレていないなら、わざと他人行儀な態度をとるのも面白そうです。わざわざ「隣の席あいてますか?」などと声をかけたら、周囲は当たり前の光景に見えても、二人にとっては不自然なやりとりになります。職場恋愛だからこそ体験できるよそよそしさにスリルを感じるようです。

他の女性社員と話しているときにチラ見してくれる

会議などで真面目な話をしているとき、彼が他の女性と話しながらも彼女に視線を送ると、「オレにとって本命はお前だけ」と言われているようで女性は嬉しくなるようです。視線を送ってくること、イコール誠意を伝えてきたいんだと感じるようですね。上級者になると、わざと彼女に嫉妬させて、仕事を終えてからたっぷり甘えさせるというテクニックを使う男性もいるみたいですよ。

周りに誰もいなくなったとき急に彼氏モードになる

これはどこで誰が見ているか分からないのでかなり難しいのですが、ほんの一言でもいいみたいです。普段は苗字プラスさん付けで呼んでいるのに、ふとした瞬間に名前で呼び捨てにされるだけで女性は胸キュンしてしまいます。仕事仲間にも真面目で一筋と思われている男性ほど、効果テキメンみたいですよ。

社内のエレベーターなどで手を繋ぐ

偶然二人きりになったとき、示し合わせて二人きりになるのもスリルが満点ですが、密閉空間でこっそり手を繋いでみてください。エレベーターがどのタイミングで開くのか分からないドキドキ感はすごいみたいですよ。早く仕事を終えて一緒になりたい、と男性も女性も盛り上がってしまうようです。

他人行儀な態度は難しいかもしれませんが、周囲にからかわれたり気を遣われたりすることを考えれば、バレずに恋人関係を続けたほうがよさそうですね。職場恋愛だからこそできる二人だけのコンタクト。ドキドキしながら楽しんでみてくださいね。