職場恋愛

職場恋愛で悩んでいる人は多いらしい

まるでドラマのような恋愛シチュエーションの職場恋愛。いつでも好きな人に会える喜びはあるものの、実際に恋愛してみると色んな障害がでてくるのも正直なところです。職場恋愛にはどんな困った話があるのでしょうか。職場恋愛の経験がある人たちの話からいくつかピックアップしてみました。

噂話が好きな社員に気をつける

噂話が好きな人はどこにでもいますね。そんな人にもしもバレてしまったら、面倒なことになることは間違いありません。陰で二人の恋愛についてコソコソ話をされるのは気分がいいものではありません。あることないこと言われることがストレスに繋がりそうです。

職場恋愛が周囲にバレないように

特に職場恋愛を禁止されているわけではないにしても、バレたときは仕事がやりにくくなるため、できれば人に知られたくないというのが本音のようで、そんなことにばかり気を遣っていると気疲れしてしまいますよね。

意識しすぎでギクシャクしてしまう

バレたくない一心で、できる限り普通にしていようと意識するあまり、かえって関係が怪しく見えてくることもあります。適度な距離を保つのは難しいですが、意識しないぐらいが丁度いいのかもしれません。

同僚社員からの嫉妬

恋愛している人に対する嫉妬心はどこにでも生まれるようです。心から祝福することができず、嫉妬心から仕事をする環境が悪くなるというケースもあります。単なる妬み、僻みなのですが、居心地が悪くなるのでバレたくないと考える人が多いようです。

他の同僚に対する嫉妬心

逆に今度は相手に対する嫉妬心も芽生えると言います。ただ仕事の話をしているだけなのに仲良くしているように見えてしまうのだとか。仕事とプライベートがゴチャゴチャになりそうで困るという方もいます。

公私混同になりがちな社内メール

あくまでも仕事のメールは仕事のメールと割り切る必要があります。仕事のメールのついでにデートの約束を、なんて絶対にNGです。いつどんな形で周囲にバレてしまうか分かりませんからね。

同僚に恋愛話ができない

仕事帰りに同僚と飲みに出かけたとき、恋愛話になるときがありますが、職場恋愛となると話題を切り出しにくいという声も聞こえてきます。このときは、相手が誰なのか分からないように話をあわせることがいいみたいですね。

同じ時期に有給休暇をとりにくい

旅行に出かけるとなると、まとまった休みが必要になりますが、同じ時期に長期の休みをとるとそれだけで噂になってしまいそうです。元々社内にバレていたとしても、からかわれることを考えるとイヤだ、という方もいるみたいですね。

破局を迎えた後の気まずさ

もしも二人が別れてしまったとき、これまでも変わらず仕事を続けなければいけないわけですから、ちょっと気まずくなるのは仕方がないですね。円満に分かれたのならいいですが、ケンカになって分かれたとなると仕事を続けられるのか考えただけで不安になるという方もいます。

職場恋愛は「いつでも会える」という大きなメリットがあるものの、それと比例して不安や心配になることもあります。だからこそ職場恋愛はドキドキしていいという意見もありますが、二人の関係が悪化したり険悪にならないように気をつける必要がありそうです。