職場恋愛

やっぱり仕事ができる男はモテる

仕事ができる男がモテないわけがありません。女性だけでなく男性同僚にも憧れられる存在になります。特に同じ職場の女性がどんな男性の行動に心ときめかせるか、そのツボをいくつかご紹介します。

基本的に愚痴を言わない

仕事が忙しくなればなるほど余裕がなくなり、つい愚痴のひとつもでてしまうものですが、仕事ができる男は愚痴を言わないようですね。心の余裕が伺えます。周囲が愚痴をこぼしている間も、黙々と仕事をこなしている姿をみた女性は胸キュンとなるみたいです。本当は愚痴を言いたいけれど我慢する、のももちろんOKです。そんな寡黙に頑張る姿が女性を刺激するわけですから。

スケジュール管理がしっかりしている

やるべきことをスケジュールに合わせてこなせる能力は、できる男の象徴と言います。ただドタバタせわしなくみえるような人は、落ち着きがないようにみえてしまいますが、本当に仕事をスムーズにこなせる人はバタバタしないようです。落ち着いて仕事をこなす姿は魅力的に映ります。

クレームやトラブルにも冷静に対応できる

ピンチのときほどその人の本性が現れるものです。これには実績や経験が必要になるのですが、一般的に年齢を重ねている男性ほど対応がスムーズです。シニア世代の男性がモテるのも、トラブルを前にしても慌てず冷静に対処できる姿がスムーズでスマートにみえるからなんですね。

面倒な仕事を断らない

できれば断りたい面倒な仕事でも、嫌な顔ひとつせず引き受ける男性はポイントが高いようです。責任感のある男、頼りがいのある男、周囲に対する気配りができる男、などと女性からの視線はとても熱いです。

ネクタイやYシャツなどに気を配る余裕がある

身だしなみは大事です。どんなに仕事ができても身だしなみがだらしなければ、好感度は急降下します。襟周りがパリッとしたYシャツ、ネクタイの柄にもこだわるお洒落度、シワのないスーツ、もちろん靴の手入れも行き届いていることが条件になります。高価なブランドものにこだわる必要はありません。女性がみているのはあくまでも「清潔感」です。

電話対応がスマート

取引先から電話がかかってきたとき、正しい敬語を使って話しているか、相手に失礼がないような対応ができているか、細かくチェックしていると言います。偉そうな態度なんて言語道断。必要以上に「すみません」を連呼するのもNGです。日本人はへりくだり過ぎるところが多いと言われているので注意が必要ですね。

後輩の意見を聞く耳を持っている

後輩の話を途中で会話をさえぎったりせずに、最後まで聞いてくれる男性は好感度がとても高いです。話をしている後輩からの信頼感も高まることでしょう。自分の思い込みで相手の人間性を判断せず、可能性を広げるための接し方は自分の株を上げるだけでなく、会社の利益にも直結します。

職場の女性たちはみていないようでみていますね。ずいぶん細かいところまでチェックしているのだと驚くこともあります。これは、頑張り次第で自分の株を上げることができるという証でもあります。これまでちょっと気を抜いていた部分も、意識を変えてできる男を目指してみませんか?