ロゴ 職場恋愛案内

自分の魅力を知る

女性のいる職場であれば、必ずといっていいほどアイドル的存在となる女の子が出てきます。随分前からジェンダーフリーが叫ばれ、女性の社会進出が進んで来ましたが相変わらず、多くの会社は男性が中心となっています。 そんな男性社会の中に、女性が入ってくればそれだけでとても魅力的に見えてしまうかもしれません。 しかし、当然男性の人数の方が多いですので、競争率は高くなってしまいます。どうすれば多くのライバルをリードしてアイドル的存在の女の子をモノにすることができるのでしょうか?

自分の魅力を客観的に知る

自分の特徴を活かしたアプローチをかけることができれば、ライバル達に差をつけることができるでしょう。そのためにも、まずは自分自身の魅力を客観的に知ることが重要です。 魅力は人によって異なります。ルックスが良い人もいれば、頭がキレる、仕事が出来る、などさまざまなものが思い浮かぶでしょう。 こういった魅力を客観的に見てみましょう。 ですが、自分自身を客観視するのは簡単なことではありません。それでも、ちょっとしたポイントを押さえることで客観的に自分を見つめることができます。 もっとも簡単で手っ取り早い方法がいろんな面を同僚と比較してみるというものです。仕事の面では単純に成績を比較すればいいですし、ルックスであればキャバクラなどでの女性ウケで比較してみることができるでしょう。 こうして自分の秀でている点をみつけることができれば、それが魅力であるといえます。

自分の魅力を強調する

自分自身の魅力を発見することができたら、これを強調して積極的にアピールしてみましょう。仕事が出来るのであれば、狙っている女の子の仕事を手伝ってあげる、といった方法でアピールできますし、ルックスが良いのであればよりお洒落に気をつかうといった方法が有効です。 劣っている点をカバーするのは難しいものですが、優れている点を伸ばすのは案外簡単なものです。

ちょっとしたポイントを押さえることで自分の魅力をさらに向上させ、ライバルに差をつけることができます。そんなに難しいことではありませんので、明日からでもはじめてみてはいかがでしょうか。
自分の魅力ってなんだろう!魅力はどうすれば伝わるのだろうか?