職場恋愛

ただの仕事関係という立場から恋が生まれる瞬間

社内だけでなく、仕事を通じて知り合う女性はたくさんいます。ただの仕事関係の知り合いで終わるか、それともそこから一歩近づいた関係になるのか、気になる女性ができると気になり始めます。もしも気になる女性ができたなら、こんなことを試してみるといいですよ、というお話をいくつかご紹介します。

顔を合わせるたびに世間話をしてみる

ただ挨拶をするだけでは、いつまで経っても顔見知りのままです。挨拶だけでなく、一言二言世間話をしてみてください。どんなことでもいいんです。今日は暑いですね、寒いですねという無難な天気の話がいいかもしれません。このとき爽やかな笑顔で話すことを忘れないでください。優しく微笑むことで女性の警戒心が薄れるはずです。

女性の仕事ぶりを褒める

いつも笑顔で挨拶してくれるので嬉しいですとか、いつも字がきれいで素晴らしいですとか、仕事中に仕事振りを褒めてもらえれば誰だって嬉しくなります。日本の男性は女性を褒める習慣があまりないので、さりげなく褒められたら女性は嬉しくなるのも当たり前ですね。いつもの私をしっかり見てくれているんだ、と意識し始めるみたいですよ。

髪型やメイク、洋服などを褒める

もちろん女性ですから、髪形、メイク、洋服には毎日気を配っています。仕事中ですから、まさかそんなところを褒めてもらえるなんて、と女性はビックリしますが、私を女性として意識しているのかな、と嬉しくなるみたいです。これをきっかけに会うたびに会話をするような間柄になれるはずです。

お昼の休憩時間にランチに誘ってみる

必ずお昼は食べるものですから、一人で食べるより二人で、と誘ってみるのもオススメです。もしも急に誘って断られるとショックが大きいので、あらかじめランチの約束をしておくといいですよ。仕事中の食事なので女性はそれほど警戒心がありません。一緒に食事をすれば会話も弾み、また今度一緒にランチをしましょうと次の約束もできるはずです。

アイコンタクトを意識させる

これは合コンなどでもよく言われていますが、目が合う頻度が高いと相手を意識し始めると言います。こちらをじっと見ているのは何か理由があるのだろう、好意がなければ何度も目が合うわけがない、と女性が男性を意識するきっかけになるんですね。もちろん、アイコンタクトだけで終わらせてはもったいないです。それをきっかけに「よく目が合いますよね」と声をかけてみてください。男性から女性に好意があることをさりげなく伝えるのです。

前に会話したことを覚えておく

例えば好きな映画や音楽の話をしたことを覚えておいて、そう言えばあのときこんな映画の話をしたけれど、今度こういう映画が公開されるみたいですよ、などと話してみてください。何気なく話したことをしっかり覚えてもらえたことで女性は嬉しくなります。今度その映画を観にいきませんか? とスマートに誘うこともできますね。

せっかくのチャンスですから、ただの顔見知りで終わるのは寂しいですね。だからといって、これからも仕事を通じて顔を合わせることも多いでしょうから、強烈にアプローチするのも気が引けます。今回お話したことは、女性にさりげなくアプローチする方法です。男性が女性に対して気がある、好意を抱いていることを少しずつ伝える方法です。