職場恋愛

不倫の恋

職場恋愛には、上司と部下や先輩と後輩そして同僚同士といったさまざまなケースが考えられます。そうした中でいつの時代もなくなることがないのは社内不倫ではないでしょうか。

職場には恋愛に発展するさまざまなきっかけがあります。気が付いたら社内不倫に発展してしまっていたなんて場合も少なくはありません。飲み会や残業、出張や社員旅行そして悩み相談など、そんなつもりはなくても不倫の恋にハマってしまう可能性は誰にでもありますので、そうなりやすい状況を把握しておきましょう。

飲み会

飲み会から親しい関係に発展するケースは社内恋愛の中でも最も多いと言えるでしょう。飲み会の頻度は職場によって異なりますが、二次会や三次会まで行われることもあり、お酒が入っているとあって普段より開放的になっているため、男女の関係に発展しやすい傾向にあります。それは結婚していても同様です。勢いにのってそのまま不倫の恋へと発展してしまう可能性は大いに考えられると言えます。

残業

残業もまた恋愛へと発展するケースのひとつだと言えます。残業をして、そのまま一緒に食事をすることやお酒を飲むことも考えられますし、夜遅くまで残業をすることによってある種の連帯感が生まれ、それが男女の関係へと発展するケースは珍しくありません。残業後とあって自然な形で食事に誘えるため、相手に違和感を与えることなく誘うことが可能だと言えるでしょう。

出張

出張も恋愛に発展しやすい状況のひとつだと言えます。もちろん最初からそんなことを考えているわけではありませんが、出張先で仕事をやり終えた後の開放感から夜の食事でお酒がすすみ、そのまま男女の関係へと発展するケースも珍しくはありません。

社員旅行

社員旅行は飲み会に次いで恋愛に発展するケースが多いと言えるのではないでしょうか。夕食時にお酒を飲むことによって開放的な気分になるうえに、プライベートな服装や普段の生活習慣が垣間見える状況とあって、異性として意識するようになる可能性は大いにあると言えるでしょう。

相談

相談しているうちに男女の関係に発展するケースも少なくはありません。仕事の相談やプライベートな相談などさまざまですが、いずれにしても相談をするということは相手を慕っているということなので、そのまま男女の関係へと発展しやすいと言えるでしょう。そしてそれは不倫の関係であったとしても同様のことが言えます。彼氏や彼女の恋愛相談をしていたはずが、いつの間にか相談相手と不倫の関係になってしまったなんてケースもよくある話だと言えるでしょう。

このように、職場にはさまざまな恋愛のチャンスがあります。もし仮にそれが不倫の恋だったとすると、それはかなりリスクが大きいと言えるでしょう。不倫相手が職場に乗り込んできて左遷されたなんて話も耳にするので、不倫の関係の先に待っているものをよく考えて行動しなくてはなりません。職場での不倫によって人生が変わる可能性もあるということを頭に入れておきましょう。

不倫の恋ではない場合にしても、社内恋愛をするにはそれなりのルールを守らなくてはなりません。仕事に影響がないように最大限の配慮をしながら行動するように心がけましょう。