職場恋愛

勇気を出して誘いましょう

誰もが憧れる職場恋愛ですが、上手くいかなかった時のことを考えると一歩踏み出すのには勇気がいるのではないでしょうか。普段よりも臆病になってしまう気持ちもわかりますが、せっかくの出会いを無駄にしてはいけません。どのように恋愛関係に発展させるのか考えて行動に移しましょう。

勇気を出して誘ってみましょう

勇気を出して誘ってみましょう。まずは誘わないことには何も始まりません。失敗したらどうしようという不安な気持ちはわかりますが、もしかしたら付き合うことができるかもしれません。後悔することのないように行動しましょう。

相手を追い詰めないようにしましょう

相手を追い詰めないようにしましょう。上司や部下といった関係ではたとえ嫌だったとしても断ることが出来ない場合もあります。

いつが空いているのかを聞き出すのではなくて、近所に新しいイタリアンのお店が出来たから、今度の土曜日に一緒に行きませんかといった感じで具体的な誘い方をおススメします。この場合、相手にとっては断りやすい状況だと言えるでしょう。何も予定がなかったとしても嫌な相手の場合は断ることが可能です。もしここで、その日は都合が悪いけど、翌週なら大丈夫ですといった感じで別の日を提案された場合はかなり脈があると言えるでしょう。相手の出方を見ることも出来ますので、おススメします。

引き際が肝心です

引き際が肝心です。セクハラやパワハラ、ストーカーなどと噂されないように気を付けましょう。誘って断られた場合、本当に用事があるのかもしれませんが、こちらからお誘いするのはせいぜい2回くらいまでに止めておきましょう。相手が代わりの日を言ってこない場合は自分に興味がないということを察して潔く身を引きましょう。

急展開に備えておきましょう

急展開に備えておきましょう。男女の仲はいつどうなるかわかりません。飲み会の帰りに誘ったらすんなりOKされてそのままホテルで一夜を供にする可能性もないとは言い切れません。そうなっても大丈夫なように、EDの症状などでお悩みの方はバイアグラなどの治療薬を処方してもらっておくことをおススメします。せっかくチャンスが到来したのに、いざと言う時に思うようにいかなかったなんてことのないように備えておきましょう。お財布に余裕のない方でも、最近ではジェネリックのED治療薬などもありますので、少しでも不安な方は念の為に専門医院を受診しておきましょう。

何かの口実をつくって誘いましょう

何かの口実をつくって誘いましょう。相手が何に興味があるのかをリサーチして、誘ってみることをおススメします。クラシック好きの相手なら、チケットをもらったので良かったら一緒にどうですかといった感じで誘ってみましょう。こういう誘い方は理由があって会うことになりますので、誘われる側としても気楽にOkすることができるのでおススメします。

普通の恋愛と比較すると職場恋愛は何かとややこしいと言えます。それは、同僚や上司と部下といった仕事を通した関係が加わることによって、失敗した時のことを考えてしまうことが原因だと言えるでしょう。ですが、そこを考慮して進めていけばいざという時に対応できますので、どうすればいいのかを頭に入れ、勇気を出して誘ってみましょう。