職場恋愛

同僚の女性と食事!どういうところが喜ばれる?

異性との仲を深めるための手段として、食事に誘うのは基本中の基本と言えるでしょう。職場恋愛ならば、休憩時間を使って昼食をともにすることも簡単ですが、同じ場所で働いているからこそ行ってはならない店もあります。

逆に、同じ職場だからこそ好感度をあげられる店もあり、どこで食事するかは後の展開を左右する重要な要素です。ですから行っていいところ、そしてやめた方がいいところを知り、上手に食事へ誘えるようになりましょう。

ランチはどこで食べるべき?職場恋愛の昼食事情

社内に食堂がある場合、昼食はそこでとるという人も多く、仲のいい同僚と一緒に食べることも自然なことです。しかし恋愛対象として見ている相手とは、実は外に行って少しおしゃれな店で食べた方が自分の評価が上がります。

もちろん、経済的にピンチの時は食堂で一緒に食べるのも一つの手です。同じ職場で働いているのなら、だいたいの給料もお互いわかっているので、それとなく伝えれば、相手も察して社内でも喜んで誘いを受けてくれるでしょう。

お昼に外食する場合、あまりいいレストランに行くのは、かえって負担になる可能性もあります。大事なのは、それなりにコストパフォーマンスがよく、ボリュームがあり、他の同僚とはち会わせる心配のない場所です。

昼ご飯はおごらなくても大丈夫!同じ職場だからこそ理解してもらえる

ですからランチは、会社から少し離れたところへ行くといいでしょう。おすすめは比較的安いランチプレートがあるフレンチや、ちまたで話題のカフェなどです。相手がお菓子好きなら、スイーツの店でもいいかもしれません。

特に女性は、流行りすたりに敏感な傾向にあるので「最近できたばかりの海外で人気の店」に連れていくと、楽しんでもらえるはずです。また、ランチでは無理しておごる必要はなく、普通に割り勘にしてかまいません。

ただ、会計の時に端数はさりげなく自分が出すぐらいの気づかいは見せた方がいいでしょう。昼食をともにするたび必ず払う必要はありませんが、時々は少し多めに払ってあげると、好意を持っていることをアピールできます。

ディナーがうまくいけば、その日のうちに男女の関係になることも

しかしディナーに誘った時は、多少高いところでも自分が全額払ったほうがいいです。昼に比べて夜の食事はプライベートの色が強く、ディナーをおごるということは、相手に相当の好意を抱いていることをアピールすることになります。

行く店は多少はカジュアルでありつつも特別感をだせる、いわゆる「隠れ家的レストラン」のような場所が望ましいです。ディナーがうまく行けば、そのまま一夜をともにすることもでき、二人の距離は一気に縮まるでしょう。

しかしアルコールの飲み過ぎや精神的な緊張で、いざとなって性器が役に立たなかった、という悲しい事例もよく聞きます。もしもの時のために予めバイアグラを服用しておけば、精神的にも楽になり大人の振るまいで彼女を酔わせることも出来るのでは。ED治療薬は高いというイメージがあったかもしれませんが、2014年にはジェネリック医薬品が発売されるとのことですので、今後は比較的安く購入できるはずです。