職場恋愛

自然と女性が寄ってくる!会社でモテるためのふるまい

女性と親しくなるためには、男性の方からアプローチをかけていくのが基本です。しかし興味を持たれていなかった場合、声をかけてもデートの誘いを受けてもらえる確率は低く、努力がむだに終わることも少なくありません。

より多くの女性からOKをもらうためには、社内での自分の評判を常日頃から上げておく必要があります。ですから、職場で出会うチャンスを増やすためにも、好感度が上がる会社でのふるまいとはどんなものか、考えてみましょう。

社内で評判の「いい人」になり、自分の株を上げよう!

人間関係というものはとても複雑で、自分が思いもしないところで情報がまわっていることも少なくありません。バレないと思って口にした文句が、上司にきっちり伝わっていた経験がある方も多いのではないでしょうか。

どこから噂が広まるかわからないからこそ、常に油断せず「性格のいい人」としてふるまわなければなりません。そして、人々から好印象をもたれる人間になるためには、いくつかのことに気をつける必要があります。

ただ、基本的には一般に「性格がいい」と誰もが感じる人を演じればいいだけですので、特訓したりマナーの勉強をしたりといったことは必要ありません。大事なのは、いつも心に余裕を持ち仕事をまじめに頑張るということです。

心がけるのは基本的なことばかり!だけど案外むずかしい?

上に記した限りだと、どうすればいいか今いちピンとこない方もいるかもしれませんので、注意点について具体的に述べていきましょう。まず、いつでも明るく笑顔を保ち、見ている方まで元気になるような態度を維持するようにします。

前向きな人間というのは、一緒にいるだけで気持ちのいい存在であり、多少空回っていたとしても、多くの人から愛されるキャラクターです。毎日ポジティブな姿勢を保てば、名物社員として人気を集めることができるでしょう。

また、誰に対しても同じ態度で接するのも大事なことです。嫌いな上司や苦手な同僚とコミュニケーションをとる時も、嫌な顔を見せずに笑顔で話しましょう。とても大変ですが、社内での評価をあげるためには欠かせません。

悪口や愚痴はタブー!悪い噂が広まらないためのふるまいとは?

そしてもっとも重要なのは、人の悪口を言ったり文句をぶつぶつともらしたりしないことです。ネガティブな発言は人づてであっという間に広まるものであり、無意識に言った愚痴が次の日には会社全体に広まっていることもあります。

ですから、自分が人の愚痴につき合うことはしても、自分からは文句を決して言ってはなりません。同僚の文句を聞く際も、あいづちを打ちなぐさめつつも、誰か特定の人物への悪口には賛同しないよう気をつけましょう。

以上のことを守れば、あなたは会社で「いつも前向きで、誰に対しても平等に接する尊敬できる人」として見られるはずです。そして、自分からわざわざ声をかけなくても、女性の方からアプローチしてくるようになるでしょう。