職場恋愛

恋愛禁止の職場で、バレないように女性と親しくなるこつ

むかしに比べると日本の社会もだいぶオープンになり、社内での恋愛を禁止する会社もかなり減りました。しかし社則として取り上げてなくても、いまだに社内恋愛をタブーとしているところは、少なからずあります。

おおっぴらに非難されたり、白い目で見られたりすることはありません。ですが裏で密かに面倒に思われて、同僚の異性との関係が原因で異動になってしまうこともあります。ですからバレないためのふるまいを知っておきましょう。

親しい雰囲気は視線を惹く!?意外と見つかる男女関係の空気

好きな人と同じ部署に配属されていたり、仕事上顔をつき合わせる回数が多かったりすると、つい話し込んでしまうことがあるかもしれません。相手の笑顔が多忙な一日の癒しになり、思わず頬が緩んでしまうこともあるでしょう。

普通に考えれば、社員の言動をいちいちチェックしている暇など誰にもなく、普段通り会話していても二人の関係はバレないように思えます。ですが親しい雰囲気は、チェックしていなくても自然と感じることができるそうです。

また、上司が見ていなくても他の同僚に見られていることもありますし、なにげないやり取りからつき合っていることを見抜く人もいます。一度見つかってしまえばあっという間に噂は広がり、上司の耳に届いてしまうでしょう。

社内バレを防ぐために必要な、恋愛のこつ

ですからバレないためには、常日頃から親しい関係であることを気づかれないよう注意しなければなりません。気をつけるべきことは二つあり、どれも簡単に実践できます。完璧に習得すれば、親しい人にすら気づかれないでしょう。

第一に、できるだけ会話を減らし、お互いが一緒にいる時間を減らすことです。人は親しい相手と長く接するほど、気持ちがリラックスして素が出てしまいます。ですから会話の時間を少なくすれば、自然と態度は崩れなくなるはずです。

第二に、社内でプライベートな約束を取りつけないことです。会社はいつ、誰がどこで見ているかわかりません。メールでのやり取りさえ偶然誰かが目にしてしまう可能性がありますので、勤務中にするのはよくないです。

どうしても社内でプライベートな約束をする場合はひと工夫する!

以上のことを守れれば、会社にバレる確率は圧倒的に減るはずです。意中の女性と遊びたい場合は、帰り道もしくは自宅についたあとにメールか電話で誘いましょう。人混みのなかであれば、同僚に聞かれても疑われません。

もし、まだつき合っていない相手や、電話番号とアドレスを知らない女性を誘いたい時は、社内でふたりになった時に素早く約束を取りつけます。その際に、できるだけ顔は冷静さを保つよう努め、何でもないことのように言いましょう。

ただ、社内で誘う場合は上司のいないところに限ります。信用できる人が会社にいるのなら、同僚を経由して連絡先を聞くのもいいかもしれません。ですが、できるなら社員の誰ひとりとして知らない状況を保つのが望ましいです。