職場恋愛

職場恋愛が結婚に結びつかないでもいい状況とは?

社内での恋愛の多くは結婚に結びつく傾向にあり、むかしから結婚を機に女性が退職することを指す「寿退社」という言葉もあります。男性がやめていくことは基本ありませんが「まじめなつき合い」でないと駄目な点は共通です。

しかし職場で出会いを求める男性の半分は「まだ遊びたい」と思っており、束縛を嫌う方も少なくありません。ですから、つき合っている同僚と結婚せずに済む状況の作り方を知り、恋愛を長く楽しめるよう工夫する必要があります。

職場恋愛の責任はすべて男性にある!?純粋な恋愛がむずかしい現状

職場での恋愛関係はまじめなものでないといけない、というのが会社での暗黙の了解です。遊び半分で相手をふりまわし、仕事の効率を落とすのはもっての外で、ひどい振り方をすると全員から白い目で見られてしまいます。

さらに女性が泣いていたり落ち込んでいたりすると、男性の方に責任があると思われやすいそうです。もし真剣なつき合いだったとしても別れた場合、遊びだったと言われ、同僚に悪印象を持たれてしまうことも少なくありません。

ですから、つき合うけれども結婚を視野に入れていない場合は、言動に細心の注意を払う必要があります。いつでも気を張り、彼女にはもちろん一緒に働く会社の友人たちにも、ただつき合っているだけと気づかれてはなりません。

同僚たちに「彼女が本当に好き」ということを印象づけておく

バレないためには、まずつき合っている最中は真剣だということをいろいろな場面でアピールしておきましょう。特に彼女の友人まわりに伝えておけば、別れた時も「いい人だったのに」と思われ、非難の目が少なくなるはずです。

さらに、彼女本人に対しても本気で好きだということを度々アピールしましょう。頻度は少ししつこいと思われるぐらい言うのがちょうどいいです。冗談ですむ雰囲気の時なら、自分から結婚をほのめかす発言をしてもいいでしょう。

どれほど相手を好きかということがまわりにしっかり伝わっていれば、もし恋人との関係が上手くいかなくなっても大丈夫です「残念だったね」の一言でほとんどの人は済ましてくれますし、気まずい空気の中働くこともなくなるでしょう。

責任を押しつけられないような男女関係を築こう!

他に、結婚を迫られたら財政的な事情を理由に断るという方法もあります。子育てにかかる費用や家賃などについて話し、今ふたりでやっていくのは不可能だということを伝えれば、きっと相手も理解を示してくれるはずです。

上手いこと説得できれば、結婚しないまま関係をずっと続けていくことも可能かもしれません。ただ、年齢が上がるほど責任をとらされる可能性も高くなるので、つき合うだけならばなるべく若い女の子にした方がいいでしょう。

ですが自分より有能で年上の上司とつき合っている場合は、あまり気にする必要はありません。優れた能力ゆえ、結婚で退職することは望まれていませんし、割り切った関係だったなら、別れたあとも今まで通りでいられるからです。