職場恋愛

別れの時

恋愛には、突然終わりのときがやってくることもあります。上手に別れることができなければ、その次のステップへ進むこともできなくなってしまいます。 これが、職場の上司との恋愛であった場合、この別れをしくじってしまうとプライベートだけでなく仕事にも大きな影響を及ぼしてしまうかもしれません。 どんなに愛し合っていたとしても、すべてのカップルが必ず結婚して永遠の愛を誓えるわけではありません。また、結婚までたどり着いたとしても、離婚という道を選んでしまうこともあります。 自分たちは大丈夫、と思い込むのではなく、突然やってくるかもしれない別れに備えておくことも必要です。

恋愛の終わりのとき

恋人が別れる理由にはいろいろなものがあります。しかし、どんな形であってもそのどちらか、あるいは両方が心に傷を負ってしまうことになります。 傷つくことは避けられないとしても、その傷を浅くすることはできます。別れるときには、できる限りその傷を浅いものにするように心がけましょう。 そうすることで、気持ちの切り替えも早い段階でできるようになります。

傷を浅いものにするために

できる限り、お互いに未練を残さない別れを目指しましょう。未練を持った状態で別れてしまうと、傷は深くなってしまいますし、その傷が癒えるまでに長い時間が必要となってきます。 別れるときはすっぱりと気持ちを切り替えるようにしましょう。こちらが気持ちを切り替えることによって、相手側の未練も断ち切ることができます。最初は辛い想いをしてしまうかもしれませんが、結果としてこの方がお互いの傷を浅くすることができます。 相手の傷を浅くするためであれば、上手に嘘をつくことも必要です。もし、未練が残っていたとしても、それを決して言葉や態度に出さないようにしましょう。

別れても会わなければならない

もう二度と会うことがなければ、未練を断ち切ることはそれほど難しくありません。しかし、職場恋愛の場合、別れたあとも職場で顔を合わせることになってしまいます。 辛いことですが、これは職場恋愛の宿命です。 ある程度の期間耐えることができれば、いずれは元の上司と部下の関係に戻ることができるでしょう。

どんなに仲の良いカップルであっても絶対に別れることはないという保証はどこにもありません。ですので、常にその時に備えておくことも大切です。