職場恋愛

部下に恋してしまった

身近な相手で、もっとも恋愛対象となりやすいのは職場の同僚でしょう。仕事上の付き合いであっても、結局は男女ですから一緒に過ごす時間が長くなると恋愛に発展することもあります。 たとえ、それが上司と部下であっても、おかしくはないでしょう。立場は違っていても同じ職場で働く仲間意識や、信頼が恋愛感情へ変化してしまうケースも少なくありません。
もし、自分が上司という立場で、部下に恋をしてしまった場合、どのようにアプローチをかけて行くべきでしょう?

部下の本心は?

職場での立場は対等ではありませんので、簡単には本心を知ることはできません。 相手が上司である場合、ほとんどの女性は気を遣ってしまいます。たとえば、デートに誘われたとしてもむげに断ることはできないかもしれません。 ですので、自分が上司という立場にいる場合、アプローチへの反応から気持ちを知ることはとても難しくなってしまいます。

勘違いをしないように

相手が上司であるから、と気を遣っているのに「自分に好感を持っている」と勘違いしてしまう男性も少なくありません。ちょっと気の利く人であれば、上司を持ち上げるのは当然のことです。 ですので、ここで勘違いをしてしまうと相手を困らせてしまうことになるでしょう。ですので、極力謙虚に考えるようにしておくべきです。 勘違いして強引なアプローチをかけ続けてしまうと、セクハラとして訴えられてしまうこともあります。そんなつもりはなくても、相手が不快に感じればその時点でセクハラ、あるいはパワハラとなってしまいます。

さりげない気遣いで好感度を上げて行く

部下を口説くには、さりげなく相手を気遣って好感度を上げて行く以外に方法はありません。もちろん、最初から相手も好感をもっていれば積極的なアプローチをかけることも効果的ですが、そうでない場合前述のようにセクハラと受け取られてしまいます。相手の本心を知ることが難しい以上は、リスクがあまりにも高すぎます。 上手に部下の心をつかむには、ゆっくりと攻めて行く意外に方法はありません。 好感度を上げて行き、向こうからアプローチをかけてくるのを待つのがもっとも安全な方法です。 時間はかかりますが、一緒に過ごす時間も長いですのでチャンスは多いはずです。焦らずにじっくり攻めてみましょう。

上司という立場にいる男性が部下に恋をしてしまうと、攻略の難易度はとても高くなります。ポイントは決して焦らないことです。 ゆっくりと攻めれば確実に好感度を上げて行くことはできます。