職場恋愛

タイプ別頼れる上司

職場恋愛の一つの形として、上司と部下というものがあります。頼れる上司に憧れ、それがやがて恋心に変化してしまうこともあります。

仕事のできる男性はただでさえ魅力的なものです。その上、しっかりと部下を導くことのできる上司という立場になれば、多くの女性から憧れられる男性になることができるでしょう。

しかし、良い上司にもいろんなタイプがあります。自分がどのタイプに向いているかをまずは見極めてそこを目指しましょう。

バリバリ仕事をこなすデキる男タイプ

しっかりと仕事をこなして結果を出し続けるタイプの男性はこのタイプでしょう。自分の仕事に誇りを持ち、自信に満ち溢れていますので、男女問わず部下たちの憧れの存在となります。

このタイプの男性が自ら率先して仕事をこなすことによって、部下たちもついて行くようになります。

社内営業が苦手であっても、しっかりと成績を残してのし上がる男性もこのタイプに分類されるでしょう。

コミュニケーション上手な上司タイプ

もちろん仕事もしっかりとやりますが、それ以上にコミュニケーション能力に長けている男性はこのタイプになります。

部下たちとも上手に意思の疎通をして仕事を進めることができます。部下の扱いがうまいですので、チームのリーダーとしてしっかりと統率をとって全員で結果を求めて行きます。強い連帯感を生み出すことができますので、親しみやすいタイプです。

上手に上の人間ともコミュニケーションをとることで信頼を勝ち取り、出世するタイプでしょう。

面倒見の良い上司タイプ

成績よりも何よりも、人の良い男性がこのタイプになります。どんなダメな部下であっても決して見捨てることなく面倒を見ますので、高い信頼を得ることができるでしょう。

しかし、その面倒見の良さを逆におせっかいと受け取られてしまうケースもあります。しかし、結局はその人の好さから部下を上手にまとめてしまいます。

恐怖政治タイプ

部下のミスは決して許さない厳しい男性はこのタイプです。常に全員が緊張感を持って仕事をすることになります。

統率もしっかりと取ることができますので、しっかりと結果を残すことができます。 時には部下に嫌われてしまうこともありますが、この厳しさによって成長することのできた部下からは厚い信頼を得ることができるでしょう。


大きく分けると、良い上司像はこのように分けることができます。自分がどのタイプであるかを見極め、そこを目指してみましょう。到達することができれば、きっと頼れる上司に一歩近づくことができるはずです。