職場恋愛

仕事と恋愛を切り離す

職場での恋愛対象となるのは同じ立場の女性だけではありません。上の立場にいる上司だって恋愛の対象となるでしょう。
男性の中には、自分より立場が上の女性や、収入の多い女性を避けてしまう人も少なくありません。しかし、女性の社会進出が進んだ現代において、こんな考えを持っていては出会いのチャンスを減らしてしまうだけです。
相手が上司であっても、魅力的な女性であれば恋愛の対象としてどんどんアプローチをかけて行きましょう。

上司を異性として見る

最初はなかなか上司を異性としてみることはできないかもしれません。しかし、もし出会ったのが職場でなければ、と考えると魅力的な女性であることも少なくないでしょう。
相手が上の立場であるから、という理由だけで恋愛対象から除外してしまっていては、一つ出会いのチャンスを逃してしまったのと同じことです。
恋愛上手な男性は恋愛対象を探す視野がとても広いものです。異性をしっかりと異性として見ることによって、出会いのチャンスを広げることができます。
一度立場や先入観をすべて捨てて周囲を見渡してみましょう。きっと気付かないような場所にも魅力的な女性はいるはずです。

恋愛に公私混同はご法度

恋愛は基本的にプライベートなものです。そこに社会的な立場などを持ち込んでしまうと恋愛上手になることはできません。
もし、逆に自分の方が上の立場であったとしても、この立場を利用してしまうとセクハラになってしまいます。恋愛において、公私混同することは絶対にご法度です。
出会いの場所が職場であった場合、どうしても仕事のことを同時に考えてしまいがちになってしまいます。しかし、これを取り払うことができれば、もっと自由に恋の相手を探すことができるようになるでしょう。

仕事と恋愛を切り離す方法

上手に恋愛をすることのできる男性は、仕事とプライベートのオン・オフがしっかりとしています。仕事中は同僚として接しますし、プライベートでは個人として接する、という形でしっかりとケジメをつけることができれば、仕事と恋愛を切り離すことができるでしょう。

恋愛というプライベートなものに、仕事上の立場などを持ち込んでしまうと、恋愛対象の幅を狭めることになってしまいます。これではせっかく目の前にあるチャンスを逃してしまうことになるでしょう。
まずは、オン・オフを上手に切り替えることが出来る男性になりましょう。それが恋愛上手な男性になるための第一歩です。